気管支喘息の気功療法

今年春ぐらいから、50代男性の気管支喘息の気功療法を行っています。

PM2.5などの影響もあり、症状はその時々の大気の汚れとも関連があるため、波はあるものの、
以前のように喉がゼーゼーヒューヒューと音を立てる発作は治まり、小康状態が続いています。

ご本人曰く、外を出歩くのが億劫(おっくう)ではなくなったそうです。 表情も最初の頃より随分明るくなられ、ホッとしました。 
今後も様子を見ながら気功療法を続けていきます。