東日本大震災から10年

2021年3月11日で東日本大震災から10年の歳月が経ちました。

テレビで福島でりんごや桃の果樹農家を営んでいた御家族が田川の川崎町で再びりんご作りに携わっているニュースが流れていました。

原発事故の影響で生産を一度は辞めたのだそうですがその後震災ボランティアの方との縁で現在は川崎町りんご園でりんご作りをされているそうです。

画面に映し出された大きなりんごは多くの人に勇気を与える存在になっているのだなあと感じました。

今年になって余震が起きたりと自然は厳しい一面も見せますが同時に私達に恵みを与えてくれるのも自然が持つ別の一面でもあるわけですね。

前だけを見て生きるのはなかなかしんどい時もありますが少しずつ進んでいけたらいいですね。